ちいたまが行く!!

スーパー銭湯、ときどき銭湯。たまに韓国。

【韓国旅行記1人旅2018年12月】1日目:仁川空港カプセルホテルDARAKHYUは快適でした

f:id:chee-tama:20190204225351j:image

アニョハセヨ!韓国旅行記1人旅のブログを書いている“ちいたま”です。

2018年12月、日韓関係がヒリヒリしている中、韓国にやって来ました~!

11月から微妙に忙しくなってしまって、どこに行くかも決められないままの旅立ちです。


*文中に出てくる料金は2018年12月当時、1ウォン=0.0995円、1000ウォン=99.5円…面倒なので1000ウォン=100円で計算しています。

 

エアソウル成田空港20時発で韓国へ

突然ですが、ちいたまの旅のモットーは『少ない休みで長い滞在時間を』です。

最近、エアソウルに成田空港発20時出発の飛行機があることを知りました。

20時発なら日勤が終わってからいける!

休み1日分、お得です。

出発の日、定時で退社、職場から空港へ直行。

 

f:id:chee-tama:20190204225023j:image

到着しました!成田空港。

綺麗です~。


空港はすっかりクリスマスモード。

f:id:chee-tama:20190204225243j:image


旅立つ前に腹ごしらえ。

チェックインを済ませてご飯です。

 

今回は『だし茶漬け えん』です。

ぶりのお茶漬けです。

f:id:chee-tama:20190204225512j:image

ぶり大好きちいたまです。

 

f:id:chee-tama:20190204225553j:image
搭乗ゲートでまったり。

どうしても、飛行機乗り遅れのトラウマがあるので、早めに着いていないと気が気じゃない。

 

飛行機がやってきました。

f:id:chee-tama:20190204225626j:image

やっぱり、SHINeeカラー、かわいい^ ^

エアソウルの荷物チェックは厳しい?

今回、荷物は預けませんでした。

荷物が流れ出てくるのをひたすら待つ、あの時間がもったいないと思ってしまって。

 

で、ふとした疑問。

『機内持ち込みは何キロまでなんだろう??』

ネットで検索しようと『エアソウル 手荷物』と入力。

すると『エアソウル 手荷物 厳しいと出てくるではありませんか!!

f:id:chee-tama:20190211022607j:image

検索結果のページをを見ると、機内への持ち込み荷物がかなり厳しい様子。

まじですかー。

 

検索の末、やっとたどり着いた公式HP上は『10kgまでの手荷物と、ハンドバック1個まで可能。』

f:id:chee-tama:20190211022622j:image

公式ホームページより

まじですか。10kgって、意外とあっという間だよね。

ちょっとしたキャリーバックは3kgくらいあるからね。

f:id:chee-tama:20190204225715j:image

今回の荷物はこれだけ。

『10kgまではないけど、いつ、どこで荷物チェックされるんだろう?』

ジェットスターは事前に重さを測って、バッグに荷物のタグ?シール?をつけておかないと、乗るときに声をかけられるよね。

『手荷物 きびしい』と書かれていたエアソウルですが、どこにも何にもチェックされずに搭乗でした。

 
ひと仕事してきたので、飛行機に乗ったら爆睡です。

ふと目覚め、下を見ると海面に無数の光。

何ですか?これ。

イカ釣りですか??

f:id:chee-tama:20190204225808j:image

謎の光を見ていたら、いつの間にかまた爆睡。

23時過ぎに仁川空港到着です。

入国審査が激混み

こんな時間なのに入国審査、激混みです。

ブースは『韓国人の再入国』と『外国人』に分かれています。

一列に並んで待ち、係りの人が先頭から振り分けていきます。

(分けてなくて、勝手に行く日もあります)

だいたいこのくらいの時間って、中国からくる飛行機とかち合ってる気がします。

(時間帯を問わず、中国からの旅行者が多いだけかもしれないけど)

みんな真面目に整列しているのに、先頭へ中国人がゾロゾロ横入り。

係員、気づいてないのかな?

私の前の男性、韓国語が話せるようで。

中国人が10人くらい横入りしたところで、キレて係員を怒鳴ってました。

横入りした中国人は、後ろに回されてました。

ありがとうおじさん…お兄さんかな?後ろしか見ていないので分からなかったけど、とにかく感謝です。

仁川空港のカプセルホテル・DARAKHYU(ダラクヒュ)へ宿泊

いつも夕方便できて、23時ごろ空港を出るのですが、今日の時間は市内へ出るにはギリギリの時間。 

今日は23時過ぎに仁川空港に到着です。

 

飛行機を予約した時からの胸のざわつき。

『深夜にソウル市内に行区初段はあるのか??』という心配。

空港鉄道は終わっちゃうよね。

空港バスも深夜便はあるようだけど…

この時間から市内に行って、ホテルへチェックインして…ってなると、深夜1時、2時よね。

それも疲れちゃう。

あれこれ心配するくらいなら、仁川空港のサウナ『SPA ON AIR』に久しぶりに泊まろうかと思ってました。

 

だけど、仁川空港にカプセルホテルにカプセルホテルができたらしい。

Twitterで知りました。

この情報を見逃すわけにはいかず、今回宿泊してみることに。

カプセルホテルDARAKHYU(ダラクヒュ)へ向かいます

エアソウルの到着は第1ターミナル。

今回のDARAKHYUの場所は、第1ターミナルの空港鉄道乗り場の近くです。

地下へ降りて通路を進み、空港鉄道が近づいてくると矢印が出てきます…が、写真を撮り忘れました。

アイゴー痛恨のミス。

 

韓国語でDARAKHYUは『다락휴』と書くんですが、다락が中2階という意味なんです。

見て納得。

空港鉄道のあるフロアから、エスカレーターで上がった場所にあります。

↓DARAKHYU、2ゲート

f:id:chee-tama:20190221001053j:image

下から見上げると、確かに中2階っぽい場所にあります。

↓フロント

f:id:chee-tama:20190204230703j:image

 

ちょっとしたロビー。
f:id:chee-tama:20190204230659j:image

チェックインを済ませ、カードキーとミネラルウォーターをもらってお部屋に。

 

入り口、3ゲート

f:id:chee-tama:20190212235059j:image

 

お部屋の外観

f:id:chee-tama:20190212235201j:image

 

お部屋自体はコンパクト。

f:id:chee-tama:20190204230921j:image

 

スケスケのシャワールームが、鏡に映ってます。
f:id:chee-tama:20190204230918j:image

コンパクトだけど寝るだけだし、すごく綺麗。

カプセルの次元を超えてます。

 

ただね~…難点はトイレがないです。

1日に2L以上水分を摂るちいたまに『トイレなし』はキツいです。

膀胱許容量に余裕のあるヤングマンにはオススメ。

 

ちなみにシャワーありの部屋にしたけど、シャワーなしルームの人には共用のシャワーブースあります。

チラ見してきましたが、綺麗です。

次回、また泊まることがあったら、シャワーなしでいいな。

↓DARAKHYUの予約方法はこちらから

 

www.chee-tama.com

 

食料調達は到着ロビーへ

お部屋に着いて、ひと段落。

『寝る前にご飯を』と思ったんだけど(あれ?さっきのお茶漬けは?)空港鉄道の周りにあるコンビニ・ケンタッキーなどのファストフードは既に閉店。 

f:id:chee-tama:20190204231147j:image

『到着ロビーまで戻ってロッテリアへ…』と思って歩いて行ったんだけど、ロッテリアの後ろにケンタッキーがあったのを思い出して。

もうすぐクリスマスだしね。

ケンタをテイクアウト。

f:id:chee-tama:20190204231435j:image

諸事情によりチキンが2種類(笑)

 

データ通信用のSIMカードを設定して今日のミッション終了!

ケンタを食べて、次のお仕事。

今回、データ通信専用SIMカードをアマゾンで事前購入してきました。

と言うわけで、韓国のデータ通信用のSIMを設定。

画面が割れているのは、気にしないでください。

f:id:chee-tama:20190204231625j:image

私がサブ機で使っているスマホは、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)なので、SIMカードが2枚入ります。

以前契約したktのプリペイドが期限切れになったので、ktのSIMカードをはずして入れ替え。

あとはAPN設定をして終了。

とーっても簡単です。

↓詳しくはこちらから

www.chee-tama.com

 

これで、今日のミッションクリア!

壁についているBluetoothスピーカーで、SHINee聴きながら就寝。

f:id:chee-tama:20190204231929j:image

おやすみなしゃいにー(笑)

宿泊料金(シングル)

シャワー付きは63000ウォン(約6300円)

シャワーなしは56000ウォン(約5600円)

部屋にトイレがない以外はコンパクトなホテルで快適でした。

サウナもいいけど、やっぱりベッドで寝るのが一番快適。

深夜に空港に着くなら断然お勧め。

深夜到着だけでなく、帰国が早朝便という時もオススメかも。

 

韓国旅行記、ちいたまのひとり旅のブログは以上です!

ありがとうございました^^

 

↓ 2018年12月のお話はこちらから ↓

 

www.chee-tama.com

www.chee-tama.com

www.chee-tama.com

www.chee-tama.com

↓ブログ村ランキングに参加しています。 ポチッとしてもらえたらうれしいです^ ^

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村